パグ



パグ大好き.com>老犬の食べ物と栄養


犬は人よりずっと成長速度が速く、寿命も短いものです。生まれて一歳から二歳で成犬となり、その後活動的な生活を送りますが七歳から八歳を境に少しずつ老化が始まります。少しずつ口の周りの毛が白くなっていったり、顔の毛が白っぽく変化していったりするほか、活動量が落ちて昼寝をする時間が増えたりしていくうちに飼い主も愛犬の老化を実感していくのです。食事が寿命に及ぼす影響は大きく、適切な栄養管理は成長期から高齢期の犬の健康管理にとても重要です。

小型犬の場合は見た目の老化現象の発現がやや遅れますが、10歳をすぎれば身体の衰えを見せるようになるでしょう。それ以前から体内は少しずつ変化していっていると考えて、栄養もそれに合わせたものに変化させていきましょう。

さて犬も加齢によって嗅覚や味覚が低下し、胃腸の消化能力が落ちてくるために食欲もなくなり気味になっていきます。腎臓や肝臓の働きも悪くなっていくため、代謝や排泄の機能も低下していくのです。そこへ成犬と同じ栄養成分のフードを与えても、フードそのものが消化吸収されにくく身体に負担がかかります。

一般的な老犬用フードは成犬用フードに比べて消化吸収されやすく作られています。また肝臓や腎臓に負担をかけないように低タンパク、低ナトリウム、低リン食になっています。病気などでもっと栄養管理が必要な場合もありますので、その際は獣医師に相談して療法食に切り替えることも考えましょう。

さて遊ぶことは犬の重要な楽しみではありますが、いくら遊び好きな犬でも老犬になればその活動量は低下していきます。同時に基礎代謝も低下していくので、どうしても肥満のリスクが増加していくのです。体重が増えすぎると関節にも負担がかかりますし、心臓や肺といった循環器系の負担も大きくなります。また万一の手術の際にも、麻酔が効きにくくなるといったリスクもありますので、太りすぎには十分気をつけましょう。

更に老化が進むと足腰が弱くなっていきます。食事のお皿や水の容器などが床に直接置いてあると、それらにむかって屈んだ体勢を維持しなければならずとても大変です。食器を台の上においてあげたり、屈まなくて良い工夫をしてあげたりすることで随分ラクに食事ができるようになるので配慮してあげましょう。パグのような小型犬であれば、ティッシュの箱などでちょっと高さを出してあげるだけでも随分違うと思いますよ。

また水についてはどの世代も共通ですが、24時間いつでも十分に飲めるようにしてあげましょう。特に食事の後はたっぷり飲めるように準備しておきます。若い頃に比べてゆっくり食べ、たっぷり水を飲んだ後は一旦しっかり休ませます。消化のための時間をとってあげることで胃腸の負担も軽くなりますね。

老犬期は肥満に注意が必要ですが、反対に痩せすぎにも十分注意を払います。普通は太ることが多いところ、食事内容を変えていないのに体重が落ちていく場合はガンなどの病気の可能性があります。最近ではガンも食事内容で進行を遅らせることができると分かっています。食欲や食べ方、排泄の様子などを毎日観察し、定期的な健康診断を行って病気の早期発見に努めましょう。
パグについて





1


Copyright (C) パグ大好き.com All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集